読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Galaxy Station β

忘れがちな日々のことなど

厳寒の京都旅1

早起き。駅前の南海そばで、きつねうどん。おっちゃんたちに混じり、ズルズル。うまい。ゆかのオススメのうどんも食べたいが、構内なのでなかなか機会がない。

その後、近くのスタジオへ入って、撮影収録など。終わって大阪駅まで着いたら、もう2時過ぎ。お昼はまだだ。JR構内に立ち食いがあった気がしたが、見当たらない。しかたない、京都へ向かうことにする。京都に着いたら、空腹で目についた立ち食い店へ。

f:id:jochang:20160123145410j:plain

湯葉うどんだけど、ワタシが重要視したのはとろろ昆布。食後は、市バスの案内所へ。今回は天候のことからレンタサイクルはやめ、バス&地下鉄移動をすることにした。バス地下鉄共通の2日券を購入。

 

本日の宿泊は五条のゲストハウス、女性専用ドミトリー1泊2500円。初めての使用で様子がわからないので、仕事の資料などをいつもの四条駅のロッカーに預けておく。その足で、まずはバスにて清明神社へお参り。今年初のおみくじは末吉、ふむふむ・・・

f:id:jochang:20160123160319j:plain

 

お参り後は、歩いて山田松香木店へ。途中、こんな喫茶店を発見。

f:id:jochang:20160123161139j:plain

 

日が暮れてきたので宿に向かう。本日のお宿。

f:id:jochang:20160123165203j:plain

 

 古い町家をつかった宿。そのうちの6人部屋のドミトリー、チェックイン時は誰もいなかった。2段ベットで空いていた下段の1つを本日のねぐらとする。シーツなど準備して、巣作り。

f:id:jochang:20160123171546j:plain

 

お腹も空いたので外に出る。目星はつけていたけど、その周りもちょっとウロチョロしてみた。閉まっていたが、良さげな服屋などをみつけ、次回訪問メモに加える。五条駅前まで戻り、蕎麦屋よしむらへ。

f:id:jochang:20160123183602j:plain

小さなビールをもらい、料理を注文。

 

f:id:jochang:20160123184447j:plain

おばんざい三品。

 

f:id:jochang:20160123191529j:plain

牡蠣のねぎ味噌焼き、味噌は甘い西京味噌。京都のお酒、英勲をもらう。

 

f:id:jochang:20160123193306j:plain

〆はミニサイズの二八そば。ごちそうさま。

 

宿のお風呂(共同)は寒いので、その足で近くの銭湯・白山湯に行く。

f:id:jochang:20160123195704j:plain町のお風呂だけど、立ったまま入れるジェットバスタオルや薬湯風呂(生薬風呂で後々まで婆さんのようなにおいがした・笑)、露天風呂まである充実ぶり。ロッカーは鍵付き、タオルも30円で借りられて、言うことなし。

 

ほかほかに温まったら急いで宿に帰り、布団に潜り込む。ゲストハウスというと交流とかあるのかと思ったら、ほとんど部屋の人に会うこともしゃべることもなかった。これは泊まっている人にもよるかな。ドミは中国系の観光客が何人かいたみたい。3つの個室も含めて満室みたいだったけど、終始静かであった。

それにしても、古い町家は寒い。しかもこの週末は大寒波が西を襲っていたし。暖かいお布団と毛布、エアコン暖房がなかったら、みんな凍えていたな。夜中にトイレに行ったが、隙間風やらに縮み上がった。